国土交通省 指定整備工場 国土交通省 認証整備工場

車検時によくある不満とは | ニコニコ車検

神奈川(横浜/平塚/寒川)・埼玉(所沢)で安い車検をお探しならニコニコ車検にぜひ予約・お見積もり下さい!


車検に詳しくなろう!


■車検を通れば安心なの?


車検に出した後だから安心、という認識は間違いです。

車検はあくまでも検査の時点で基準に適合しているか確認しているだけです。
「車検に通った」=「次の車検まで車の状況が良好であることが保証された」ではありません。

しかし、車検時に点検・整備をする箇所が多ければ多いほど金額はかさんでしまい、きりがなくなります。

■車の買い替えを考えていますか?


もしかして・・・車検前後に車の買い換えを考えていますか?
車検後も自分で乗り続けるか、買い換えを考えているかで、車検業者への依頼範囲も大きく違ってきます。

もし車検後に買い換え予定なら、長期的な安全を目的とした細かい修理は必要ありません。
「必要最低限の修理で!」と依頼すれば安く済むはずです。
そうではなく車検後も長く乗り続けるのであれば、多少お金がかかっても、しっかりとした点検、整備、補修を考えたほうが良いでしょう。

■車検時の不満ってどういうこと?


車検業者に車検を依頼した結果に不満がある、という声をよく聞きます。

「格安だというから申し込んだのに、整備の追加、追加で、最終的に思いもかけない出費になった」
「あれもこれもと、整備の必要性を説かれたためお願いしてしまった。本当に必要だったのだろうか?」

これらは、本当に業者が儲け主義で余計な整備をしたのでしょうか?
それとも、正当な整備だったのに、ユーザーが不満を抱いているのでしょうか?

逆に、業者が基準ギリギリで車検を通してしまうと、
「車検を通した後なのに、ブレーキパッドが無くなり、交換が必要になった。なぜ車検時に交換してくれなかったのか?」
というユーザーからのクレームにつながってしまいます。

ユーザーのこのような不満については、両者がケースバイケースで突き詰めなければ、どちらの言い分が正しいかはわかりません。
しかし、ユーザーのこういった不満の背景にあって、業者もユーザーも改善が図れる問題の1つははっきりしています。

それは、 説明不足と質問不足 です。

点検整備の内容に関して、
・業者側が、きちんとユーザー側に説明し、納得を得ていない
・ユーザー側が、納得するまで業者側に質問し、説明してもらっていない
これが問題なのです。

■車検時の不満を解消するには?


車検時に、ユーザーと車検業者との間で、説明と質問とが十分にできていれば、
ユーザーが、
「ワイパー交換については、リアのみにしてください」と整備を依頼できたり、
業者が、
「車検は通りますが、減ってしまっているブレーキパッドは今回交換しましょう」とプラスアルファの整備の提案を行えるわけです。

適当に依頼し、なあなあで支払いをして、あとでぶつぶつ言うのがユーザー側にとっては一番損です。お金を払って依頼するのですから、遠慮せずに、わからないことはわかるまで説明してもらいましょう。

整備を行う業者は、車がどういう状況なのかしっかりと説明する「義務」があります。ユーザーは、車検前でも車検後でも、わからなかったり不審に感じたりしたことはその場ではっきり伝えることが大切。
日数が経ってから言われても、業者側で対応のしようがなくなる場合もあるのです。

依頼先の業者は、ガソリンスタンドでもディーラーでも町工場でもどこでもいいのです。自分の車の「主治医」をしっかり見極めて探すことが、結果的によいカーライフをおくる秘訣です。

>>車検業者の選び方